産後・子育てのイライラ・情緒不安定対策※自宅でできる解消法

産後のイライラや情緒不安定を上手に解消する方法をご紹介しています。孤独や育児ストレスからイライラし産後うつになってしまうママもいます。自分が崩壊してしまう前に、産後のイライラ、情緒不安定を解消していきましょう。
MENU

産後・子育て中のイライラ対策・解消法

産後、夫や子供に対しどうしようもなくイライラしてしまいますよね。

 

産後は多くの女性がイライラを経験します。またその中でも約半数の女性が情緒不安定になるといわれています。

 

初めての出産、初めての育児、激動するホルモンバランス、今までの生活がガラリと変わり身も心もついていかないのは当然です。

 

特に妊娠中にマタニティブルーを経験した女性は産後も情緒不安定が続く場合もあり、産後数か月経過しても症状が改善されない場合、産後うつの可能性も出てきます。

 

産後うつは産後の女性全体の約10%〜15%が経験します。つまり、自分を含めた友人の中で産後うつになってしまう人がいてもおかしくない計算です。そう思うと他人事ではないですよね。

 

また思い通りにいかない子育て中にイライラを感じるものですが、異常なほどイライラする場合は自分ひとりでため込むのではなく周りの手を借りたり、できることから初めて解消することが大切です。

産後のイライラ・情緒不安定の原因は?

女性ホルモンの影響

妊娠中は女性ホルモン(エストロゲンやプロゲステロン)が多量に分泌されますが、出産をすると母乳の分泌を促すプロラクチンやオキシトシンなどのホルモン分泌量が増え始めます。

 

また離乳食が始まり卒乳すればまたこれらのホルモン分泌量は収まり、再度女性ホルモンが性周期によって分泌されるようになります。

 

産後は短いスパンでホルモンの変動が体内で起こるため、これらのホルモンバランスによって心理面に大きな影響を受けます。

自律神経の乱れ

自律神経は交感神経と副交感神経の2つからなります。

 

産後の女性は慢性的なストレスや睡眠不足、生活スタイルの変化によって自律神経が乱れやすく、交感神経が暴走すると精神面に大きな影響を受けます。

 

これらの体内環境の変化が産後のイライラや情緒不安定を助長させてしまいます。

 

ガルガル期は誰にでも起こりうるもの。夫や子供に対してきつくあたり、後悔してしまうこともあるでしょう。

 

ですが、これは自分が悪いのではなく、ホルモンがそうさせているんです。

 

産後のイライラをどうにかしたい、という方は自分の体内で起こっている変化に目を向けて解決策をとっていきましょう。

産後のイライラ・情緒不安定で離婚?

実は産後離婚するご夫婦は少なくありません。

 

産後特にイライラを感じる相手は旦那さん、義母と決まっています。夫のちょっとした言動がイライラする、義母の口出しでイライラは多くの産後ママが経験します。

 

また夫に対するイライラがひどいケースでは離婚をしてしまうご夫婦も。

産後のイライラ・情緒不安定を改善するためには

産後の情緒不安定はとてもつらいです。

 

自分で自分の気持ちをコントロールすることができず、そこに育児疲れやストレスが負担となってのしかかります。

 

産後に情緒不安定になった場合は、無理をせず病院を受診する、サプリメントを飲むなどして対策をとりましょう。

 

病院を受診

産後、あまりにもひどいイライラや情緒不安定がある場合は病院を受診しましょう。

 

産後うつの可能性がある場合は心療内科を受診しましょう。

 

産後の情緒不安定におすすめのサプリ

心療内科は敷居が高い、授乳中だから薬は飲みたくない、だけどとにかく今の状況がつらい…というママはサプリメントで心を落ち着かせてみてはいかがでしょうか。

 

産後のイライラ、情緒不安定に効果的と言われている成分がDHAです。

 

またDHAは赤ちゃんの学習能力にも効果的な成分。授乳中のママが摂取すると赤ちゃんの学習能力アップをサポートしてくれるんです。

 

自分のため、そしてわが子のためにDHAサプリメントはおすすめです。

休息をとる

子供を一時的にでも他の人に預けられる環境にいる方は一度子供から離れて自分の一人の時間を持ちましょう。

 

自分ひとりの時間をどのように使うかは自由です。

 

睡眠不足で体力を回復したいママは寝る、気分転換したいママはお買い物、ネットショッピング、映画館に行って映画を見るのもいいですね。

 

とにかく自分の好きなことをしてストレス発散をしましょう。一度子供から離れることが大切です。

 

ファミリーサポートなどで子供を数時間預かってくれるサポート体制がある地域もあります。

このページの先頭へ